「本当に必要なものは何か」をお客様と一緒に考える、
有賀事務所です。

月日の経つのは早いもので、あっという間に2月も中旬になりますね。

今日は、建設業許可について、業務日記を書こうと思います。

某月中旬、仲のいい某コンサルの社長から、
「クライアントの法人が建設業許可を新規で取りたいんですが、対応できますか?」
と話がありました。

早速、お客様と連絡を取り、打ち合わせをしてみたところ、
平成生まれの若くて元気な社長さんで、個人事業から、法人化したところでした。
「別の行政書士に依頼をしたのだけれども、断られてしまい、困っているんです・・」
との事でした。

私としては、(おや?、断られたということは、何かワケありの案件かもしれないな・・と)
少し警戒モードに。
いったん受注は保留にして、とりあえず社長から書類一式を預かり、
丁寧に確認を進めることにしました。

調べてみると、書類は不揃いの部分があり、いくつかは不足していました。
少々手間はかかりましたが、預かった書類を並び替え、付箋を張り付け、
不足書類を箇条書きにして、社長に確認してみると、全ての書類はキチンと揃いました。

どうやら、以前の行政書士は、パッと見た感じで(面倒だったからか)断ってしまったようですね。


社長の対応も素早く、私からのお願いに対しても、素早く対応してくださいました。
銀行発行の書類だけが時間がかかり、埼玉県庁への申請は翌月になりましたが、
初めて顔合わせをしてから、一週間程度で申請書類は完成というスピードでした!
埼玉県庁は、他の都道府県と比較して、建設業許可申請の処理期間短縮に努力している役所です。
月初に提出した申請書は、当月中に許可が出ました。

社長は大変喜んで下さいましたね!
さっそく、「名刺を作り直して許可番号を入れなきゃ!」と破顔でした。

許可業者は、建設業界内で、一人前の証ですからね。

いやぁ~、仕事が順調に流れると、とても気持ちがいいですよね!
(いつもこうあってほしいです^^)

さて、建設業はもちろん、各種の許認可は、許可要件を書面で証明する必要があります。
口でいくら弁明してもダメで、書類化する必要があるわけです。

有賀事務所では今後も、丁寧に「クライアントの声を、書類に反映できる」ように頑張ります。

では、また。



自己紹介

代表 写真

<性格>

法律職と思えない明るい性格
頼られると嫌と言えないお人好し。
(不法・不正行為を除く)
何かを「ひらめく」と「早口」になります。
出会いと縁を大事にしています。

<気を付けていること>

先読みしすぎない。

<資格等>

特定行政書士(平成28年11月15日付記)
出入国在留管理庁 申請取次者(東京出入国在留管理局届出済)
個人情報保護士
ファイナンシャルプランナー
不当要求防止責任者講習 修了

<所属等>

埼玉県行政書士会 研修部 
川口支部 企画部 部長
川口支部 理事

一般社団法人 コスモス成年後見サポートセンター (第1管轄区)

川口商工会議所
NPO法人 市民生活安全保障研究会
埼玉県被災者相談員

<履歴>

1975年3月 東京都千代田区生まれ
埼玉県川口市(旧鳩ヶ谷市)出身
京北高校卒(現東洋大学京北)
流通経済大学 社会学部 国際観光学科卒

専修大学大学院 法学研究科 法学専攻 修士課程
法律学応用特論(家事事件手続法)科目等履修生

<職歴>

個人事業主・会社員・公務員・代表取締役社長をすべて経験しています。

新卒後一般企業に就職し、営業や購買を担当する。

26歳で法人を設立し代表取締役社長に。
東京都港区南青山3丁目にて、日本そば店(17坪・38席)を開業。
年間5万人以上が来店する繁盛店に。
ビルの建て替えのため、厳しい立ち退き交渉の後、惜しまれつつ閉店。
延べ来店者数は60万人を超える。
会社顧問の小菅龍之介先生(東京会)に憧れ、行政書士試験に挑戦し合格(216点)。

中小企業の実態に詳しい。

<参加・社会貢献>

国連WFPマンスリーサポーター

<特技>

法律論は最後に考える。まずは様々な角度から考え、解決策や関連性をさがすことです。
運だけは強い。

※他の事務所では「難しい」・「断られた」・「間に合わない」等、「高難度な業務」もご相談下さい。※

趣味は子育てと、二輪車です!
一番の宝は、3人の子供!バイクは18歳からずっと乗っています。総走行距離は地球を5周目に入りました。
バイクスクール(HMS中級~上級)に通ったり、二輪車の大会に出場したりもしています。 現在の愛車はホンダCB650F。
(写真は二輪車安全運転埼玉大会出場時。)
15年以上無事故無違反のゴールド免許を更新中。