048-287-1288
営業日時:平日10:00~19:00 土曜日10:00~13:00

「有賀清高行政書士事務所」では、皆様からのご相談をお待ちしております。どんなに些細なご質問に対しても行政書士の立場から最も良いと思うご回答・ご提案をさせていただきます。

すぐに対応! 戸籍の収集でお困りの方、お任せください。

「戸籍の収集(こせき)を急いでいます・・・!」 当事務所にご用命ください。

当事務所では、戸籍の収集について、正確さはもちろん、スピードを重視しています。

相続後に訪れる最初の大仕事が、思っている以上に手間がかかる「戸籍の収集」です。
戸籍があつまらないと、
「その後の手続きが何一つできない!」といっても過言ではありません。
戸籍の収集は「事務的な手続き」の連続です。
役所の手続きに精通し、守秘義務のある、有賀清高行政書士事務所にお任せ下さい。

★今すぐ、お問い合わせフォームかお電話で!

ご自身でやってみたけれど、時間ばかりかかって、なかなか進まない・・・・。という声を本当によく聞きます。
それぞれ事情も違いますが、第三者である専門家に依頼された方が無用な混乱を避けることもできますので、是非ご相談いただければと思います。

戸籍の収集で、当事務所が選ばれる7つの理由

1.とにかくスピードが速いから。

①戸籍に精通した当事務所は、短時間でムダのない事務処理を行います。
②スピードを重視するため、原則として普通郵便は使用しません。
③スピーディーで配達記録のわかる、レターパック(ライト)を使用しています。

④「一日でも早く!」をご希望でしたら、当方が役所に直接出向いて取得します。(オプションサービス)
(1自治体につき3~7日は短縮の効果があります。)

2.国家資格者(行政書士)による安心安全があるから。

①行政機関の書類「戸籍」と、行政機関に提出する書類作成のプロフェッショナルです。
②お客様の高度なプライバシーを守る義務を負っています。
③お客様の権利と義務に関する書類作成のプロフェッショナルです。

3.日本全国どこの戸籍でも収集ができるから。

①北海道から沖縄まで、日本全国どこからのご依頼でも対応できます。
②日本全国、どこの戸籍でも取得いたします。
②事務所に来訪いただく必要はありません。
メール・FAXや郵送で、ご本人様の確認を取らせて頂きます。
(もちろん来ていただいてもかまいません)

4.費用が明朗だから。

①当事務所の標準仕様は特急です!基本料金(10通 まで)25,000円(税別)
★平成31年4月30日まで+5通追加サービス!10通 → 15通まで定額です!
(多くのお客様はこの範囲でおさまります)

②実費(役所手数料+レターパック+小為替手数料)
④従量料金(11通 16通目以降が発生した場合のみ)1,000円/通(税別)
④オプション(ご依頼の場合のみ)

5.役立つ資料も一緒にお送りします。

①相続関係図の作成(法務省様式とは異なり、簡易的な家系図です)
②進捗状況の報告(必要時は随時行います。第2・4土曜日にメール・電話等により定期報告しています。)

6.チョットした疑問を「街の法律家」に相談できる、アフターサービスがあるから

①相続の手続きは戸籍収集だけではありません。
チョットした疑問やお困り事の際には、遠慮なくご連絡下さい。
1回5~10分程度とさせて頂きますが、しっかりサポートさせて頂きます!

②深いご相談がある場合も、優先的にご案内いたします。

7.お客様に喜ばれている特別なご提案があるから。(オプション業務)

(1)超特急ダイレクト戸籍収集(OP)

自治体の役所を訪問し、直接戸籍を収集します。
「平日は動けないけれど、戸籍がすぐに欲しい!」というニーズにお応えします。
圧倒的な速さで、収集期間をグッと大幅に短縮します!
※出張費は実働時間によって別途ご精算、交通費は実費がかかります。
(原則、関東地方に限定。受任状況によりご希望に添えない場合もあります。)
おおよその予算をお伝えいただければ、その範囲での対応も可能です。

★すぐに結果が必要な方におススメ!★

(2)相続人の住所調査(OP)

予期せぬ相続人(前婚の子や婚外子等)が判明したとき、
疎遠となっている相続人の連絡先が分からないとき、お任せください。

★遺産分割協議は、相続人全員で行わなくてはならず、
どんなに疎遠であっても、除外して協議してしまうと、遺産分割協議が無効になります★

(3)法務省様式の法定相続情報証明制度の作成(OP)

平成29年から始まった新しい制度です。
相続関係説明図を作成することで、
金融機関の名義変更や、土地・建物の登記などの手続きに必要な戸籍の原本一式の提示が、
省略できます。
窓口での様々な手続きが短時間かつスムーズに行えるようになります。

★相続人や相続内容によっては、作成できない場合もあります。

<ご依頼に当たって、お客様にご用意頂く書類とステップ>

1.お問い合わせフォームやお電話・FAXでご連絡ください。
(打ち合わせや調査等のため、お電話繋がりにくい場合がございます。)
折り返しご連絡いたしますのでしばらくお待ちください。
2.当事務所から、必要な書類をメールや郵送でご案内いたします。
3.必要書類の返送と、基本料金をお振込みください。
4.お振込みの確認後、速やかに業務を開始します。
5.進捗状況のご報告を行います。
6.業務完了のご案内。費用(実費など)のご精算をお願いいたします。
7.お振込確認後、書類の原本を発送いたします。
8.業務完了後でも、わからないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

<※ご利用できるのは以下の方に限ります。>
・相続が発生しており、その相続人(配偶者・子供・養子・親・兄妹・受遺者など)
・遺言書の作成をするため、相続関係を調べたい方(本人に限ります。)

<※ご利用できない方>
・法人
・対象者(被相続人)と相続や遺贈関係のない方
・本人確認の書類をご提出いただけない方
・身元調査などを目的としている方

※当事務所では、身元調査や人権侵害につながるような戸籍収集は、一切行っておりません。
不正な手段によって戸籍を取得した場合、依頼者は罰せられます。
(戸籍法 第百三十三条  偽りその他不正の手段により、交付を受けた者は、三十万円以下の罰金に処する。)

<よくある質問>

Q.戸籍を収集!?マイナンバーがあるから大丈夫なんでしょ?

A.残念ですが、平成30年現在、マイナンバーと戸籍は繋がっていません。
将来的にはマイナンバーで、手続きができるようになるかもしれませんが、
平成10年ころまでの手書きなどで作成された戸籍は、先々も難しいかもしれません。

Q.なぜ相続の時には、戸籍が必要なんですか?

A.法律で決められた相続人を確定するためです。
相続人となる資格(権利)を持つ人を見落とさないようにするため、
といってもよいと思います。

Q.そもそも戸籍ってなんですか?

A.簡単に申しますと、誰が誰の子で、誰と結婚して、誰の親なのかが書かれた行政の書類です。
日本国籍を持つ人だけに作られています。

Q.なんで、戸籍は何通もあるのですか?

A.結婚や離婚といった人生のイベントの有無や回数、
戸籍の書式変更(法改正)によって、戸籍の通数は増減します。

あくまで一例ですが、昭和18~22年生まれの女性、結婚と離婚歴がある場合ですと、
5通(5種類)以上の戸籍収集が必要になるかと思います。
また、この女性にお子さんがいらっしゃらない場合は、
実父と実母の戸籍を収集する必要があり、戸籍の枚数は大幅に増えます。

Q.住民票と戸籍は違うの?

A.住民票は、住所を公に証明する書類とお考え下さい。
戸籍は、「身分関係」(血縁関係や結婚・離婚)が記載されている書類とお考え下さい。

Q.本籍地が分りません。

A.住民票(除票)をお住いの自治体に請求してください。
請求の際、「本籍地を記載してください」と申し出れば、本籍地が記載された住民票が発行されます。

Q.どこの役所で戸籍を請求するのですか?

A.戸籍は本籍地の役所で取ることになります。
つまり、現住所の役所にあるとは限りません。
まずは「本籍地が記載された住民票(除票)」をお住いの自治体に請求してください。
表示されている「本籍地」の役所に、戸籍を請求することになります。

Q.本籍地が遠方にあります。どうしたらいいですか?

A.郵便などによって遠方の自治体に請求することになりますが、慣れていないと予想以上に大変です。
戸籍の請求書・必要書類・返信用封筒と切手・発行手数料分の小為替(こがわせ)などを揃えて送ります。
(必要書類などは各自治体にご確認ください。)

戸籍は個人情報の塊です。一つでも不備があると、必要書類などを再度送らない限り、発行をしてもらえません。

Q.配偶者が余命宣告をうけてしまった・・・。事前に戸籍を用意してもよいですか・・・?

A.同居のご家族であれば、戸籍の取り寄せは可能です。
ただし、相続人を調査することには有効ですが、
亡くなられた後、事前に取り寄せた戸籍では、各種の手続きはできません。

戸籍収集サービスにかかる費用

基本料金(特急標準)※申込時に拝受いたします。
15通までは基本料金で承ります。16通目以降は1,000円/通が追加となります。
(戸籍謄本・除籍謄本・改正原戸籍・住民票・除票など)
25,000円(税別)
実費 ※業務完了時に精算させて頂きます。
郵便実費(1往復720円)+役場の発行手数料+小為替手数料など
戸籍謄本550円・除籍謄本・改正原戸籍850円・住民票・除票300~400円(小為替手数料を含む)
  • 請求する自治体の件数と、取得する書類の数によって大きく変動します。
5,000円~(目安)
基本料金に含まれているサービス
高度なプライバシーを保護
国家資格者による確実な手続き
日本全国対応
明朗会計
役立つ資料
「相談できる」アフターサービス
0円(Free)
  • ※その他、相続手続き全般のコーディネートも承ります。

オプションサービス

超特急ダイレクトサービス 直接役所を訪問し収集いたします。
(オプション) だいたいの費用をお伝えいただいておけば、その予算内で行うことも可能です。
郵送と比べて最低でも3日~1週間は短縮が可能です。
  • 詳しくはお問合せください。
  • 4,000円(税別)~
相続人の住所調査

(オプション)
予期せぬ相続人や疎遠な相続人の住所を調査。(判明しない場合もあります)

3,000円(税別)~
法定相続情報一覧図の作成

(オプション)
相続手続きにとても便利に使えます。

15,000円(税別)
  • ※その他、相続手続き全般のコーディネートも承ります。

☆考えなければいけないことは、たくさんあります。

「相続人の確定」

「遺産の分割」

「財産のスムーズな名義変更」

「相続税の申告(財産額による)」・・・etc

複雑な事務手続きに、時間と労力を割いている場合ではありません!

☆早く次のステップへと向かいましょう!

※相続税の申告は、10カ月以内に行わないと、有利な税制が使えなくなる場合もあります。

★今すぐ、お問い合わせフォームかお電話 048-287-1288で!

ご自身でやってみたけれど、時間ばかりかかって、なかなか進まない・・・・。という声を本当によく聞きます。
それぞれ事情も違いますが、第三者である専門家に依頼された方が無用な混乱を避けることもできますので、是非ご相談いただければと思います。

お問い合わせフォーム