048-287-1288
営業日時:平日10:00~19:00 土曜日10:00~13:00

「有賀清高行政書士事務所」では、皆様からのご相談をお待ちしております。どんなに些細なご質問に対しても行政書士の立場から最も良いと思うご回答・ご提案をさせていただきます。

行政書士 有賀清高 BLOG

改正相続法について

<改正相続法について>
平成30年7月6日に、相続法改正法が成立し、7月13日に公布されました。
(詳細は法務省のHPを参照ください。http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00222.html)

★改正について、有賀からポイント解説!★
 
☆1☆この相続法改正は、昭和55年以来ですが、
改正の中心は「配偶者の権利」を優遇した内容といえると思います。

政府は「法律婚の尊重」を明確にしていると考えられ、
特に「婚姻期間が20年以上の夫婦間への優遇」は目を引きます。

間違いなくこれから「遺された高齢の配偶者」は増加してゆくわけで、
「配偶者の生活保障・保護を目的」とした、
現実的な改正といえるのではないかと思いますね。

☆2☆配偶者関係以外で私が注目したのは、次の3点です。

遺留分が金銭に置き換えられるようになったこと(原則として)。
これは大きな転換だと思います。

改正後は、遺留分減殺請求を原因とした、
不動産の共有状態を回避することが出来るようになります。

ありていに言えば、
不動産での分割ではなく、金銭で解決が可能になったといえます。
(不動産評価についての考察は、ここでは割愛します)
なお、手持ち資金が足りない場合、
支払い期日を裁判所で決めてもらうことができます。

※「遺留分」とは、法定相続人が法律で定められた、
最低限遺産を確保できる割合のことです。
この割合がもらえない場合、「遺留分減殺請求」を他の相続人に対して行うことが出来ます。

②不公平・不平等になりがちだった分野が見直され、
「遺産の持ち逃げ」に一定の歯止めがかけられました。

分割協議前であっても、
生活費などを銀行からおろすことが出来る制度
が創設されました。

・遺言書関係の改正は、財産目録がPCなどでの作成も可能になるも、
結局、本文は手書きをしなくてはならないのは変わらず・・・。
偽造防止などもあると思いますが、微妙に中途半端な感が否めません。

・なお、実務上の問題としては、
配偶者の権利の選択肢が広がった分、
「取捨選択が難しくなった」
とも言えそうです。

・今回の改正で、配偶者優遇が鮮明にされた一方で、
いわゆる「事実婚」や「同性パートナー」に対しての改正はなされていません。

また、「相続人以外であっても療養看護に貢献した者」は
「親族に限り」「金銭請求が可能に」なりましたが、
あくまでも「親族」に限られています。

これらに該当される場合は、今回の相続法の改正では対応できませんので、
改正前と同じく、「遺言書の作成」「生前贈与」などで、財産分与を考える必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<主な改正点の「ざっくり解説」>
※詳細は法務省のHPなどで確認してください。

①配偶者の居住権を保護するための方策 
(配偶者が住む家を失わないようにするための制度)

1.配偶者は相続人間での遺産分割が終了するまでの間、その居住建物を使用できる。
(被相続人の持ち家に無償で住んでいた場合)

2.配偶者の居住建物は、終身又は一定期間その使用を認める権利を創設し、選択できるようにする。
(配偶者が居住不動産を取得すると、他の財産(現金など)を受け取れなくなってしまう場合など)

②遺産分割に関する見直し
(配偶者の保護が主目的)

1.婚姻期間20年以上の夫婦間で、居住用不動産(自宅)を遺贈又は生前に贈与した場合は、
配偶者は自宅を取得したからといって、その他の財産(現金など)を相続できる取り分を減らさなくてもよい。
※配偶者はより多くの財産を取得できるようになった。

2.被相続人の預貯金について、「仮払い制度」が創設された。
被相続人の口座から、生活費や葬儀費用の支払いなどの「必要資金」がおろせるようになる。

(1)上限額はあるものの、一定額については、相続人単独での払い戻し(貯金を下ろすこと)ができるようになる。
払い戻しが可能な金額 = 銀行ごとの口座の残高×1/3×法定相続分となる。
この場合、家庭裁判所の許可は不要。
※当面の生活費に充当できるなど、極めて現実的な制度になった。

(2)その他、家庭裁判所の判断を要する場合であっても、要件が緩和される。

3.遺産の分割前に、財産の使い込みをした相続人がいた場合、「もらい得・逃げ得」にならないようになった。

③遺言制度に関する見直し

1.自筆証書遺言について、一部が緩和され、財産目録は手書きでなくてもOKに。

2.遺言執行者の権限を明確化し、スムーズな手続きが行えるようになった。

3.法務局における、自筆証書遺言の保管制度の創設

④遺留分制度の見直し
遺留分は原則として、金銭に置き換えることになった。
また、すぐに金銭を準備できない場合でも、裁判所に期限を決めてもらうことが出来る。

※相続によって生じていた不動産の権利関係がシンプルになり、お金で解決が可能に。

⑤相続人以外の者の貢献を考慮(但し「親族」に限る)
「相続人以外の親族」が、被相続人の療養看護などを行った場合、
相続人に対して金銭の支払いを請求できる。

(例)夫が死亡した後に、妻が「夫の母」をずっと介護した後、「夫の母」が死亡した場合。
妻は「夫の母」の遺産相続はできないが、「夫の母の相続人」に対して、
金銭の請求が可能になった。

※「親族以外」の「他人」には適用がない点に注意。
(例)上の例でいうと、妻が夫と離婚した後、元夫の母の介護をした場合 → 適用なし。

相続業務で思ふ「ご縁」について。

「本当に必要なものは何か」をお客様と一緒に考える、有賀事務所です。

相続関係のご相談や業務が続いています。

依頼された方は、ご自身では気づいていなくても、精神的な疲れを抱えています。
私としては、手続き面だけでなく、
「気持ちの部分も少しでもサポートできれば・・・」との想いをもって業務に当たっています。

相続とは「人の死」であり、
故人との「別れ」の作業でもあるのですが、
相続を始まりとして、
「少し疎遠になっていたご親族との関係を深めるきっかけ」などを
裏方からお手伝いさせて頂くことがあります。

これは「何かのご縁」なのでしょうね。

故人と私に面識はないのですが、
きっと故人は、そこまで織り込んでいたのでしょうかね。

少しセンチメンタルですが、そんなことを思ふことがありました。

久々に更新。

「本当に必要なものは何か」をお客様と一緒に考える、有賀事務所です。

「(ブログを書いてないのは)仕事が忙しかったのですか?」
とお客様から聞かれましたが、

おかげさまで、
この数カ月間は、
様々な業務や相談が、
「なんとな~く」途切れずに続いておりました。
外を歩くことが多かったので、日にも焼けましたね。

作成する書類が、何件か集中して、
締め切り間近になり、、、、
「今日は徹夜かな・・・?」
と思っていたら、法人からの資料到着が遅れたため、
徹夜を回避、なんてこともありました。。。(笑)

ちょっと複雑な業務もありましたが、
得意とされている、F先輩にお願いして、
共同で対応して頂いています。
(すんごい助かってます。ありがとうございます!)

特筆すべきは、「個人のお客様からの相談も多かったこと」ですね。

・遺言書の作成
・複雑な戸籍調査と相続関係図の作成
・内容証明の作成
・農地転用相談

まだありますが、細かい内容はご容赦を。

個人のお客様にとって共通しているのは、
「非常に困っている・心配している」という状況ですかね。

個人向けの案件は、
「深~く話を聞かないとわからない」ので、
時間がかかります。

許認可の要件と違い、
「これが正解!」というのが、ありませんからね。

ですが、
「解決できたとき」や、
「納得していただいたとき」に、
一番喜んでいただけるのも、
個人向けの案件だったりしますね。

ではまた。

上場企業から、顧問契約のオファーがあったら・・・?

「本当に必要なものは何か」をお客様と一緒に考える、有賀事務所です。

 

大手の企業(仮にA社)さんから、顧問契約をしてくれませんか?

と言われて、面喰いました。

 

詳しくは書けませんが、

ある許認可にチャレンジしてみたが、許可が下りなかったそうです。

この許認可は、事業に与える影響が大きいので、

○○省への交渉や情報収集も含め、少々時間をかけてでも、

お願いしたいとのことです。

続きを読む閉じる

 

一見ありがたいお話ではあるのですが、

許可が下りなかったということは、

何かしらの理由や不備があったはずです。

よく話を聞いてみることにしました。

 

すると、A社のビジネスモデルと、

チャレンジしたい許認可が、「ズレている」ことがわかりました。

 

で、このA社も、この「ズレ」に気付いているんです。

ですが、構築してきたビジネスモデルを、

根底から見直すのは厳しいから、

何とか許可要件に当てはめて欲しいということですね。

 

これは、実務上、時々ある話だと思います。

真面目にやってこられた企業ほど、

その思いは切実だったりもします。

私も、可能な限りお応えしたいとは思っています。

 

ですが、今回の場合は(あまり書けませんが)様々な事情から、

「許認可としては厳しい案件」

であることを正直にお伝えしました。

 

で、最初に戻って、顧問契約の件です。

「少し時間がかかってもいいので、何とかならないですかね?」

 

結論から言えば、私ではお応えできないレベルのご要望もあり、

辞退させて頂きました。

 

 

もしかすると、上場企業との顧問契約は、色々な意味で、

いいお話だったのかもしれません。

 

 

でもきっと、また素敵な出会いがあると信じています。

 

仕事初め

謹賀新年

今年もよろしくお願いいたします。

 

今年の仕事始めは、1月3日でした。

といっても、年明け早々に司法書士の先生と打ち合わせが必要となり、

アポイントメントのメールを入れただけなのですが・・・。(笑)

 

すると、正月休み中にもかかわらず、司法書士の先生から、

速攻でメールの回答がきました。(早っ!)

(まさか、三が日に返信が来るとは思ってませんでした~。)

 

それでは・・・ということで、

とりかかったついでに、必要書類や費用も、やりとりしてしまいました。

 

こんな感じで、今年も始まりましたが、

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

年末年始のお休みです

12月29日から1月4日まで、休業させて頂きます。

(緊急時は対応いたします。)

 

建設業許可後の標識を掲示する。

「本当に必要なものは何か」をお客様と一緒に考える、有賀事務所です。

建設業許可申請を、当事務所にご依頼頂いたお客様から、
看板(標識)のご注文も頂きました。

許可票

許可票

許可後は営業所などに、看板(標識)の掲示義務があります。

皆さん様々な想いをもって、ご苦労の結晶として、
許可を取られます。

初心を大事に、頑張ってほしいと思います!

大学院で法律を学ぶ。 

「本当に必要なものは何か」をお客様と一緒に考える、有賀事務所です。

10月から、科目履修生として、専修大学大学院(法学研究科)に通っていますが、
「授業についていくのが大変~!」です。

受け身でいられる、講演会やセミナーとは別物です。

授業内容の多くは、実際の事例(事件)から進んでいきます。

事例(事件)を頭の中で、あーだこーだと整理しているうちに、
「ではこの問題はどう考えますか?・・・有賀さん!」
とビシバシ指名されます。。。

質問までの時間が、とにかく速い!早い!

一番最初に指名されたときには、
「あっ、え~っと・・・。わかりません・・・。」と、しどろもどろに。

先生からは
「大学院の答えに、「わかりません」はありません!」
とお叱りを受けました・・・。(⤵)

それからは、気持ちを切り替え、
少なくて動きの鈍い脳ミソをフル回転させながら、
何とかついて行っています。(終わった後、すんごく疲れます(笑))

これから、実際にご相談を受けたとき、
「知識」としてだけでなく、
「考え方」の幅を広げられるよう、
頑張りたいと思います!

行政書士試験、お疲れ様でした。

去る11月12日、行政書士試験が行われました。

受験された皆さん、大変お疲れ様でした。

勉強の成果を、すべて出し切れましたか?
結果の発表まで時間がかかりますが、
少し休んで頂ければと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、
各試験場の試験監督員は、ほとんどが行政書士です。

つまり試験監督員も、(その多くが)過去に同じ試験を受けています。
受験生の気持ちも、よ~くわかっているのではないかと思います。

試験監督員には、
守秘義務があるそうで、
担当したとしても、
口外することはできないそうです。

頑張った皆さんが、合格を手にすることを祈っています。
本当にお疲れ様でした。

同じ業務でも油断できません!

「本当に必要なものは何か」をお客様と一緒に考える、有賀事務所です。

初めて、東京都(足立区)で農地転用の業務を行いました。

今まで農地転用の業務は、ほとんどが埼玉県で、
他に千葉県と福島県で経験がありますが、23区内は初めてです。

お聞きになったことがあるかもしれませんが、
「行政書士あるある」として、同じ申請でも、
自治体(地域)ごとに申請様式(記入する用紙など)が、
微妙に異なることは、ちょくちょく遭遇します。
いわゆる「ローカルルール」と呼ばれるものです。
(意外に曲者だったりします。)

私も行政書士の端くれですので、
「ローカルルールには注意しようね!」と、
頭の片隅に置いています。

ところが今回の業務は、今までの申請した自治体とは、
ビックリするくらい、手続きが異なりました。

・法律的に言えば、「厳格な手続き・・・。」

・言い方を変えると、「手間がかかってる。いや、手が込んでる・・・。」

・私の立場から言うと、「・・・・・・。手間が増え・・・。」
やめておきましょう。愚痴になりそうです(笑)。

すぐに依頼主にご案内しておきましたので、事なきを得ましたが、
当初の見込みより、1週間程度余計にかかりました。

どんな仕事でもそうだと思いますが、業務に慣れてくると、
ある程度の先読みができてしまう為の、
「油断?」というか「決めつけ?」みたいなもの、に注意しなければいけませんね。

今回の手続きは、そんなことを改めて考えさせられました。

はい。いい薬になりました。

Navigation

自己紹介

私がどんな感じの人間なのかを、知っていただくために簡単ですが自己紹介をさせていただきます。

有賀清高
<行政書士>
日本行政書士会連合会
埼玉県行政書士会所属
川口支部 厚生部 副部長
川口支部 理事
特定行政書士付記(平成28年11月15日)
入国管理局申請取次者(東京入国管理局届出済)
埼玉県被災者相談員
<関連会社>
有限会社文栄
<履歴>
1975年3月 東京都千代田区生まれ。
埼玉県川口市(旧鳩ヶ谷市)出身。
京北高校卒(現東洋大学京北)
流通経済大学 社会学部 国際観光学科卒。

専修大学大学院 法学研究科 修士課程 法学専攻 科目等履修生 
法律学応用特論(家事事件手続法)

<職歴>
中堅食品メーカー(東証二部)就職後、化学工業系エンジニアリング会社に転職。

2002年 有限会社文栄を設立し、代表取締役社長。
東京都港区南青山3丁目のエイベックス旧本社ビルにて、日本そば店「美濃屋文右衛門」(17坪・38席)を開業。
年間5万人以上が来店する繁盛店に。
ビルの建て替えのため、厳しい立ち退き交渉の後、2014年に惜しまれつつ閉店。
実働11年6ヵ月、延べ来店者数は58万人を超える。
会社顧問の小菅龍之介先生(東京会)に憧れ、行政書士試験に挑戦し合格(216点)。

経営者としての経験と、サービス業で培った、スピーディーで、心のこもったサービスをモットーにしています。


<参加・社会貢献>
国連WFP

<特技>
多様な視点から問題を考え、解決策や関連性をさがすことです。
定形的な業務だけでなく、少し複雑になりそうな業務も得意としています。
人との縁には恵まれています。

※他の事務所では「難しい」・「断られた」・「間に合わない」等、「高難度な業務」もご相談下さい。※

<得意とする、主な許認可業務>
・建設業許可と経審(新規、更新、変更など全般)
・産廃収集運搬許可
・古物営業許可
・農地転用  ほか
<得意とする、一般個人向けのサービス>
・遺言書の作成サポ-ト(特にお子さんがいない方はご相談下さい)
・各種調査(相続人の確定調査・相続財産調査・現地調査など)
・相続についての発生前後の相談
・内容証明郵便の作成(相手先の住所特定など)
※他の事務所では「難しい」「断られた」案件もご相談下さい。※
趣味は子育てと、二輪車です!
一番の宝は、3人の子供!

バイクは18歳からずっと乗っています。総走行距離は地球を5周目に入りました。
バイクスクール(HMS中級~上級)に通ったり、二輪車の大会に出場したりもしています。
現在の愛車はホンダCB650F。
(写真は二輪車安全運転埼玉大会出場時。)
将来、子供たちとツーリングに行きたい!と思っています。